会社沿革|山加電業株式会社

大正11年02月
加藤善右衛門・加山弘・山戸治平により電灯電力設備並びに送配電工事業者「山加商会」として、東京八重洲口前旧大阪商船ビルに創業。
昭和10年12月
東京府東京市京橋区(現在の東京都中央区)に株式会社山加商会を設立
昭和23年09月
商号を変更し山加電業株式会社とする
昭和24年10月
建設業法の制定により電気工事業の登録を行う
昭和24年10月
仙台市に仙台営業所(現 仙台送電事業部)を設置
昭和25年03月
関西電力株式会社より、日本初の27.5万ボルト送電線工事「北陸幹線工事」を受注
昭和25年10月
建設省より、「高田予備隊施設電気工事」を受注
昭和29年05月
電源開発株式会社より、「送電線測量工事、十勝幹線測量工事」を受注
昭和30年07月
古河鉱業株式会社より、「秋葉ダム骨材プラント工事」を受注
昭和33年07月
名古屋市に名古屋営業所(現 名古屋支社)を設置
昭和34年03月
大阪市に大阪営業所(現 関西事業部)を設置
昭和36年05月
電気工事業者としては日本で初の海外送電線工事「南べトナム・ダニム・サイゴン間送電線工事」を受注
昭和38年09月
東京都渋谷区上通二丁目2番地(現渋谷一丁目8番3号)に本社を移転
昭和40年06月
東京電力株式会社より、日本で初の50万ボルト送電線工事「房総線工事」を受注
昭和47年02月
創業50周年
昭和49年12月
ラオスのメコン河開発事業にともなう送電線新設工事、ならびにヴィエンチャン市内の配線、各変電所の新設・増改修を受注。
昭和51年09月
イランより、12線路、総長900キロメートル工事「イラン・コーラサン地区送電線工事」を受注
昭和54年10月
東京都渋谷区渋谷二丁目11番3号に本社を移転
昭和61年08月
東京電力株式会社より光ファイバー工事を受注し情報通信産業に対応する技術開発を推進
昭和63年10月
東京電力株式会社より、日本で初の100万ボルト送電線工事「群馬山梨幹線工事」を受注
平成03年12月
東京電力株式会社より、共同企業体の代表会社として、100万ボルト送電線工事「北栃木幹線新設工事」を受注
平成04年04月
事務管理の充実をはかるため、管理本部を設置
平成05年04月
創業70周年を機にCIを導入
平成06年10月
東京電力株式会社より、共同企業体の代表会社として、100万ボルト送電線工事「南いわき幹線新設工事」を受注
平成07年02月
日本証券業協会に株式を店頭登録(現 東京証券取引所ジャスダック市場)
平成08年11月
資本金を7億4千4百万円余に増資
平成08年12月
開発事業部(現 内線事業部)を新設
平成10年03月
資本金を8億2千3百万円余に増資
平成11年03月
協和通信株式会社(現KCCSモバイルエンジニアリング株式会社)と業務提携
平成17年09月
新宿区西早稲田に本社所在地を移転
平成18年05月
資本金を9億8千9百万円余に増資
平成20年07月
宮城県石巻市に石巻営業所を設置
平成21年02月
タンザニア共和国ダルエスサラームに送電線建設のためスーパーバイザー(技術指導)を派遣
平成22年08月
宮城県蔵王町に研修施設および機材センターを新設
平成24年02月
創業90周年
マンション管理業、建物管理業を営む株式会社東京管理を100%子会社化
平成24年12月
豊島区南池袋に本社所在地を移転
平成25年08月
新嵩上げ装置「エナーク160」を開発
平成26年03月
株式会社東京管理(連結子会社)が、株式会社アペックライフより管理業務委託事業を譲り受ける
平成26年08月
ミャンマー政府・電力省よりの要請を受け、HIDA(一般財団法人海外産業人材育成協会)協力のもと、ミャンマー電力省幹部候補者を対象に電力知識の向上・技術習得を目的とした研修を実施
平成26年09月
ミャンマー国内に於ける基幹送電線工事に関わるスーパーバイザー(技術指導)契約を締結及び工事実施
平成27年12月
株式会社LG CNSジャパンより、福島県白河市大規模太陽光建設工事を受注(約30MW)
平成28年08月
鉄塔嵩上げ装置「エナーク160」の特許権を取得